ナチュラグラッセ モイストバームルージュ カラー編

目指せ!ナチュラルビューティー

脱!いつもの色

唇のキメが整うと、どんな色のリップも映えます。

新登場のモイストバームルージュは、肌の色にとらわれず、その日のお洋服やイメージに合わせて、おしゃれの一部として取り入れやすいカラーばかり。

 

日本人の肌色からは浮いてしまいやすい、明るく鮮やかすぎる色はありません。

天然成分ならではのくすみを含んだ色あいは、実はお肌のくすみを飛ばしてくれるんです!

お肌を明るく美しく見せる、肌魅せカラー全8色。

evergreenスタッフも、普段は手にしない色も試してみましたよ。

結果 

イエベスタッフ→05ブライトレッド&07ブリックブラウンが、確実に肌色がさえました。

ブルベスタッフ→03アプリコットオレンジ&05ブライトレッド&08アンバーブラウンが、肌魅せカラーでした。

 

共通している05ブライトレッドは、イエベorブルベを選ばない、誰でも挑戦しやすいレッドリップかもしれません。

皆さんも敬遠せず、是非お気に入りの1本を見つけてみてください。

 

ちなみに、ナチュラグラッセのインスタライブに出演されていたメイクアップアーティストさんとモデルさん、地元神戸のヘアサロン専属メイクさんも、皆さん口を揃えて08アーバンブラウンを推しておられました。

おしゃれ感度高めの方は、やつぱりトレンドに強く、目のつけ所が一致されているのでしょうか。

ご参考になさってくださいね。

 
 
  
 

バーム処方のルージュが出た!

秋の愉しみはいろいろですが、新しいメイクアイテムもそのひとつ。

evergreenスタッフから、ナチュラグラッセのモイストバームルージュをご紹介します。

まずはテクスチャーについてレポート。

 

『高密着バーム処方』

と聞くと、なんとなくベトつきの残る、重めバームをイメージしてしまいました。

乾かないけど、 唇が重く感じない?

こわごわ試してみたところ、第一印象は スルスルと伸びてなんて軽やか!

そして、ピタッと密着、色落ちしにくい!!

 

その秘密は、各植物オイルのそれぞれの特性が、唇にのせたとき十分生かされるように考えてブレンドされているから。

唇にのせるとまずオイルが体温で溶け広がり、その後内部に浸透して唇をトリートメント。

だから、表面にオイルがベタベタと残ることなく、唇表面に残った色材は、むらなく薄く広がってピタッとフィット。

 

ラインナップの8色すべて試すべく、塗ってはリムーバーで落とすをハードに繰り返しましたが、全く荒れる気配もない。

インスタライブでは、メイクアップアーティストの方も「リップクリームなしでいきなり口紅ってあまりない」とコメントされてました。

 

トリートメント成分は、天然の植物オイルに加えて、抗酸化力の高い植物エキスやアロエベラ葉エキス、クパスバターも。

このクパスバターは今回新たに加えられましたが、細胞の傷を包み込むように修復するチカラもあるので、まさに唇の保護とケアにはもってこいなんですね。

 

他の部分に比べるとターンオーバーが速い唇。

荒れやすいのも裏を返せば丁寧に、こまめにケアをすれば、効果を感じやすいともいえます。

 

唇の調子がいいとメイクも楽しい♪

乾燥に負けず、秋らしいリップメイクを楽しんでみられてはいかがでしょう?

 

次回は気になるカラーバリエーションをレポートしますね。

イエベでもブルベでも!

まもなく発売。
100%天然素材のナチュラグラッセから、新しいルージュ。

気になるのは「肌魅せカラー」設計。
なんと、肌色を選ばず、すべての色が楽しめるという!

それだけでなく、どの色を選んでも肌を綺麗にみせてくれるというのだから。
ついつい同じような色を選んでしまうイエローベースの私も、どの色をつけてみようかワクワクしてます!

サロンには全色のテスターをご用意していますので、トリートメント後にお好きな色をつけてみられてくださいね。
(リップチップをご用意しています。直接塗られるのはご遠慮ください。)

01 ベージィーローズ
02 コーラルベージュ
03 アプリコットオレンジ
04 ラズベリーピンク
05 ブライトレッド
06 プラムレッド
07 ブリックブラウン
08 アンバーブラウン