未分類

目指せ!ナチュラルビューティー

笑ってみる

おひさま あはは

 

その昔、ムスコと同じ歳のお子さんをもつお客様と一緒にべビーサインの先生をお招きして、サロンで教えてもらっていた頃の話。

先生が紹介してくださった一冊の絵本。

「私自身が育児で大変な時に、読んでると笑顔になれるから。」とおっしゃっていました。

 

時が経ち、戦隊モノに目覚めたムスコはもう読まなくなっていましたが、久しぶりに本棚から引っ張り出して眺めていると思ったら。

 

私が、毎日の段取りを考えて難しい顔をしていたり(たぶん眉間にはシワが寄っている)、オットやムスコに怒っていたりすると、じっと私の顔を見て、「あはは。」と言って来るようになりました。

 

「お母さん、笑って!」と言いたいんでしょうね。

3歳のムスコに諭され情けないけど、無理にでも笑うしかありません。

 

ムスコの情緒が安定しますように。

急激に増えたオットの白髪が減りますように。

私も肌荒れしませんように。

 

なんだかんだ女性は家族の要なので、女性が笑顔でいられたら、家族が良くなって世の中も明るくなるのではないかと。

 

そんな、あははスイッチを入れる事の一つに、evergreenでのトリートメントもあればいいなと願います。

 

クレンジングは家事なのか?

年のはじめの一ヶ月、サロンにご来店のお客様に、いつものホームケアの様子をチェックさせて頂きました。

せっかくトリートメントに定期的に通ってくださっていても、それを遥かに上回る回数で行っている自宅でのケアがまずいと、お肌の改善に時間がかかってしまいます。

そんな訳で始めたレッスン。

もう5年もおつき合いのある方が、いつもスクワットしながら化粧水をつけていらっしゃる(!!)事を初めて知ったりと、なかなか有意義な機会でした。

 

さて、アドバイス差し上げたポイントはそれぞれですが、みなさんに共通して私が気になってしまったのは、クレンジング圧の強さ。

 

クレンジング行う目的は、ラップ一枚の厚みとほぼ同じの、表皮の上に乗っかっている酸化皮脂とメイクを落とす事。

 

決してマッサージが目的ではありません。

けれどみなさん、狙いの表皮を通り超して、その下の真皮まで動かす勢いです。

 

なぜそんなに強いのかとお尋ねしてみたところ、「性格がせっかちだからかな・・・」と。

 

わかる気もします。

お仕事に子育てに忙しい毎日を送っていらっしゃって、洗濯物にお皿に床にお風呂に、毎日キレイにしなければならないモノがいっぱい!

 

あぁそうだ、顔も洗わなきゃー!ってなりますよね。

 

でも、そんな慌ただしい毎日だからこそ、やってみて欲しいのです。

バイオラブの植物たちが織り成す香りを感じながら、ゆったりとクレンジングする事を。

 

圧の強さは、いつものサロントリートメントの感じを思い出しながら。

お肌への不要な物理的刺激が減ってキレイになるのはもちろん、アロマテラピー効果で心が整って、ますます健やかなお肌になりますよ。

 

そんなお肌は、トラブルが出にくいですし、出ても元に戻りやすいものです。

毎日の事ですから、義務でこなすスキンケを心のうるおいや輝きを取り戻すスキンケアタイムに変えれば、その積み重ねはとても大きいです。

 

 

 

 

 

info

このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。このテキストはダミーです。