バイオラブ BI-ON-SAN-TO

目指せ!ナチュラルビューティー

evergreen的マスクライフ 免疫UP編

連日の報道で「コロナウイルスは恐ろしい!」と全国が一色に染められ、免疫アップのためのハウツーについても頻繁に目にするようになりました。

今さらここに書き並べる意味もないので、あくまで私個人の体験談を綴ってみようと思います。

 

仕事がら、除菌を含めた衛生面に配慮するのは当たり前だったり、プライベートでも元々人混みを好まない事もあり。

コロナウイルス騒動については傍観していた私。

 

それがガラッと変わったのは3月末頃。

「サロンの営業や商品の流通に影響が出るかも?」と感じ始めてからでした。

 

在宅ワークにも対応できるように環境を整えたり、在庫の確保につとめたり、スタッフの勤務はどうしようかと悩みながら。

どのタイミングで非常事態宣言が出るのかを、日に何度もスマホでチェックする日々が一週間以上続きました。

 

そうこうしているうちに、眠れないほどの強烈な胃の痛みに襲われ、私の人生ももはやここまでかと思っていた矢先。

のんびりと宣言が出されたのでした。

 

宣言が出されれば、あとは粛々と対応するだけになった途端、胃の痛みはまさに文字通り「嘘みたいに」スーッと消えました。

とてもわかりやすいストレス性の胃痛。

ちょっとメンタル弱すぎちゃう?と、自分にツッコミつつ、私にとって最悪だったこの一週間を反省してみました。

 

ダメだったと思われること3つ。

・スマホでニュースを何度もチェックしたこと。

・ついでに表示される記事までクリックして読んでいたこと。

・眠る前にもスマホを手にする癖がついてしまい、睡眠リズムを崩すと言われているブルーライトを浴びまくっていたこと。

 

結果として、寝不足。睡眠の質が悪い。

以上私の経験則では、心身の健康を保ち、免疫力を落とさないために必要なことはたった二つ。

 

・出どころの確かなニュースを一日一回チェックするので十分。

・特に夜はスマホを遠ざけて、よく眠る。

 

そうは言っても心配だったりして眠りにつけない日は。

あたたかい一杯のカモミールティーを。

リラックスティーとして王道ですけど、胃の痛みにもとても効果的でした。

 

キク科のハーブ特有の苦みが苦手な場合は、天然の抗生物質といわれるマヌカハニーなどで甘みをつけても。

バイオラブから限定で発売になっているコーディアル風のドリンク「ビオンサント」もオススメ!

M.chamomilla(カモミラ=”地面でリンゴのように匂うもの”の意)という学名をもつカモミールと、優しいリンゴ味のビオンサントは相性が良く、ハーブティーを飲み慣れていなくても、きっと美味しく飲めますよ。

 

推奨されている5倍希釈より濃いめの4倍希釈(ハーブティー90cc:ビオンサント30cc)ぐらいで飲むと、お腹がすぐにポカポカしてくるのがわかります。

これは、温め効果のあるトウガラシ・ロングペッパー・ショウガのはたらきによるものでしょうか。

ポカポカがすぐに実感できるトウガラシに、ジワジワと効いてくるロングペッパー。

手足が冷える方も、寝つき良くぐっすり眠れそうです。

 

体温を上げること自体が免疫力UPにつながると言いますし。

ショウガには、温め効果だけでなく抗ウイルス作用があるとの研究結果もありますので(コロナウイルスについては今のところ不明)、免疫力についての不安も少しは和らげてくれそうですね。

 

コロナ鬱から免疫のバランスを崩してしまっては本末転倒。←ワタシ

逆に「みんなで頑張ろう!」みたいな気分でなければ、乗らなくてもいいと思うし。

平常心でいきましょう。

松ぼっくりの戦術

サロン入口のドアにクリスマススワッグを。
ここ数年、クリスマスシーズンは毎年これ。
針葉樹の香りもまだほんのり残っていて、お気に入りです。

このシーズンのスワッグやリースに欠かせない松ぼっくり。

お水につけておくと傘が閉じて、お水から上げると、また開くんですって!
5歳のムスコが教えてくれて、実験してみました。

おぉ、生きてる!

ハーブを勉強し始めた頃に習いました。
ドライハーブは死んでるからお湯を注ぐと成分が抽出されやすいのに対して、フレッシュハーブは生きてるからお湯を注ぐと防御しようとして成分があまり出ないのだと。

どっこいカサカサに乾いた松ぼっくりは、まだ生きておりました。

調べてみると、松ぼっくりの中に入っている種は、風に乗って飛んでいくタイプ。
湿気の多い日は遠くまでフライトできないので、傘を閉じて種が飛ばないようにして、カラッと晴れて乾燥した日に、いよいよ傘を開いて種を解き放つ戦略なんだそうです。

植物。
動けないというハンディがあるからこそ、磨かれてきたその能力はスゴイ!
植物療法でその恩恵に預かるのは、高等生物なはずの私たち。

天然の抗生物質「キハダ」の飴ちゃん

私の無残な日焼け跡も、ほぼ落ち着いてきましたので、信州のお土産話をひとつ。

 

安曇野インターをおりて登山口まで続く国道を走っている途中、とっても気になる看板が目に飛び込んできました。

「キハダ飴本舗」

 

数年前に、ムスコの中耳炎への抗生剤の乱用に悩んでいた頃に読んだ本。

”薬剤に耐性のある細菌への対処での天然の選択肢”という妙に長い副題のついたこの本を参考にして、要は抗生剤の代わりとなる植物を探したかったのですが。

この本に掲載されていた植物のリストの中に、身近な植物は残念ながらエキナセアやヨモギぐらい。

そして、すでに取り入れていたマヌカハニー。

その次に、手に入りそうかなと思ったのが「キハダ」でした。

 

ミカン科の木で、樹皮にはベルベリンという抗生物質様作用のある黄色い色素成分が含まれています。

黄柏(オウバク)として様々な漢方の原料になっていたり、奈良の昔ながらの民間薬「陀羅尼助丸」にも使われている薬草。

 

ナチュラグラッセのポイントメイクリムーバーにも肌荒れ防止のために配合されていて、

このリムーバーの黄色はキハダ由来のものなのですよ。

 

 

そのキハダの飴ちゃん!?気になる~!!

下山後に買って帰ってきました。

 

こちらはキハダの樹皮ではなく果実のエキスが入っているそう。

果実の方の成分はウエブで調べる限りではわからなかったのですが、

「キハダの実で作るリキュールは、ベルベリンその他のアルカロイドをふくむ健胃整腸リキュールになる。」という記述が見つかりました。

飴ちゃんは黒っぽい色をしていて黄色ではないので、ベルベリンが含まれているかはちょっと怪しいですが、樹皮と同様の効果が期待できるのかもしれません。

 

ウエブには「すごく苦い」という口コミもありましたが、そんな事はなく、ややほろ苦いくらい。

ムスコが妙に気に入り、「キハダの飴ちゃんちょうだい」と度々せがまれます。

おやつ代わりに舐めさせておけば、もしかしたら感染症予防の一助にはなるかも?

 

私も美味しく食べられたし、来月の夏休みにも信州へ行く予定なので、もう少し買い足してこようと思います!