40代にも似合うレッドリップ テラコッタブラウン

目指せ!ナチュラルビューティー

40代に似合うモノ

ナチュラグラッセのディスプレイコーナーを久しぶりに模様替えしました。

正しくは、「やってもらった」。

センスのない私を助けてくれるスタッフの存在に感謝!

 

今回は、サロンの隅っこで埃をかぶっていたevergreenの大黒柱(?)である梅の木の切れ端を発掘してきて、ナチュラグラッセを並べてみたのです。

 

今、個人的にオススメなのは、リキッドタイプのルージュの秋の新色。

テラコッタブラウン。(向かって右側)

レッドリップに挑戦してみたものの挫折してしまった、という経験のある方に是非!

 

もともとナチュラグラッセは黄色人種である日本人の肌色にあわせて色づくりをしているので、塗ってみてびっくりするような赤はラインナップしていません。

特に年齢を重ねてくると、お肌のタンパク質が糖化や酸化によって変性してしまい、黄みが強くなってきます。

いわゆる黄ぐすみ。

ナチュラグラッセで色選びをしていただくと、色が浮いてしまう事はほとんどないので安心ですよ。

 

唇もだんだん縦ジワが目立ってきてしまうので、マットではなく、適度なツヤ感があるこのリキッドルージュが質感的にも若々しくみえてオススメ。

 

サロンにテスターを置いていますので、トリートメント後にご自由にお試しくださいね。

 

40代になって、服・ヘアスタイル・メイクに悩むことが出てきました。

20代~30代のトレンドは今ひとつしっくりこない。

けど、まだミセスとも違うと言いたい。

 

自分のスタイルが確立されてくるけど、いつも同じで何年も前と変わらないのはイタイ。

一方で、ちょっとぐらいの失敗は大した事ないと思える心の余裕ができて、明るく今のトレンドに挑戦する事もできるたりするけど、慣れないことをしてやっぱりイタイ結果になる事もある。

 

なんだか40代って着地点が難しい。

 

ナチュラグラッセの秋の新商品セミナーにて、インストラクターがモデルさんにアイカラーを塗りながら「眉の下にハイライトを入れたくなるあなたは古いですよ!」と言ったのを聞いて、ドキッとしたのはたぶん私だけではなかったと思う。

 

「ハイ。イレテマシタ・・・」

 

トレンドもほど良く取り入れられたら。

ほど良くという意味では、メイクを一つ変えてみるのは、服を買うよりてっとリ早い上に、ナチュラグラッセなら3千円前後とローコスト。

毎年、秋と冬にトレンドを意識した新色や限定色が必ず出るので、それを毎回忘れずチェックして、何か一つ試してみるのを、40代のたしなみとして習慣にしてはいかがでしょうか?

大型台風一過

自宅から見た朝焼けの空です。

美しいとも見えるし、何だか不気味にも。

恵みにも脅威にもなる自然が、また大きな災害を引き起こしてしまいました。

 

この週末はお休みをいただき、信州での山登りと温泉を楽しみにしていましたが、宿泊地が停電に見舞われ、そこに通じる道路も倒木や土砂崩れで不通となっているそうで、残念ながらキャンセルとなりました。

被災地が一日も早く日常を取り戻せるよう、心から願っています。

 

各地に出されていた”大雨特別警報”。

「数十年に一度の危険が差し迫っています!」とニュースで何度も叫ばれていましたが、地球温暖化の影響で、今後も大雨は何度も繰り返すのだろうと思います。

ムスコたちが大人になる頃には、もっと大型の台風が当たり前になってしまうかも。

 

SDGs(エスディージーズ)ってご存知でしょうか?

うちのスタッフに聞いてみると、「えっ、チーズ?」と言ってましたけど(苦笑)

 

国連で、2030年までに達成しよう!と掲げられた、17個の目標のことです。

ムスコたちが世に出る10年後の世界が、今より快適で平和になっているように。

私自身も含めたみんなで、今取り組むべき目標。

 

13番目の目標として「気候変動に具体的な対策を」も掲げられています。

大雨の原因は、毎日の便利な暮らしの中にもあるという自覚。

何を買って何を使うのか? できる身近な事から変革していくという意識。

そして私は、山という自然のど真ん中に入っていくのを趣味にしている事もあって、いざ災害に見舞われた時には警報や救助をあてにせず、自分で自分の命を守るセルフレスキュー力なんかも気になって。

そんなことを切実に感じた、今回の台風でした。

 

秋に意味あるプラスワンケア

ぐっと秋らしくなってきましたね。

今朝の神戸の気温は18℃でした。

18℃って、スキンケアを春夏バージョンから秋冬バージョンへと切り替える、一つの目安になります。

そろそろ、乳液をクリームに替えたり、プラスワンのケアを投入してみる事で、季節の変わり目にもお肌の調子を崩すことなく過ごすことができます。

 

乳液をクリームに替えるのは、保湿力をあげるため。

これは秋冬を通して当たり前のこと。

 

今、お肌のためにわざわざ一品投入するなら、秋ならではの肌状態を意識したアイテムを選んでこそ意味があります。

つまりは、夏の紫外線で固くこわばってしまった肌細胞と、秋の気温&湿度低下に対して工夫されたアイテムを。

evergreenのサロンでは、バイオラブのグランコレクションをおすすめしています。

まさに「今」というタイミングで使うための、炭酸ムースと美容オイルのセット。

 

炭酸ムースは、紫外線から守るためにこわばってしまったお肌をハーブが柔らかくほぐし、寒さで低下した血流を高濃度炭酸がまるでサロンでマッサージを受けたかのように促進してくれます。

 

美容オイルは、超強力な抗酸化成分アスタキサンチン&細胞膜の原料となる必須脂肪酸が豊富なボラージオイルが、紫外線による酸化で硬化してしまった肌細胞を、しなやかに回復させてくれます。

ローズ・ネロリ・フランキンセンスなどの贅沢エッセンシャルオイルの優雅な香りも、秋にぴったり。

 

炭酸ムースの使用量はマスカット一粒分。

毎年大粒のシャインマスカットを贈ってくださるお客様のおかげで、私の使用量は多め?

美容オイルは、お肌に馴染ませるだけなら3振り、ゆったりマッサージする時間がある日は12振りが目安です。

 

週に2~3日のスペシャルケアとして、今このタイミングで、是非。