private

目指せ!ナチュラルビューティー

笑ってみる

おひさま あはは

 

その昔、ムスコと同じ歳のお子さんをもつお客様と一緒にべビーサインの先生をお招きして、サロンで教えてもらっていた頃の話。

先生が紹介してくださった一冊の絵本。

「私自身が育児で大変な時に、読んでると笑顔になれるから。」とおっしゃっていました。

 

時が経ち、戦隊モノに目覚めたムスコはもう読まなくなっていましたが、久しぶりに本棚から引っ張り出して眺めていると思ったら。

 

私が、毎日の段取りを考えて難しい顔をしていたり(たぶん眉間にはシワが寄っている)、オットやムスコに怒っていたりすると、じっと私の顔を見て、「あはは。」と言って来るようになりました。

 

「お母さん、笑って!」と言いたいんでしょうね。

3歳のムスコに諭され情けないけど、無理にでも笑うしかありません。

 

ムスコの情緒が安定しますように。

急激に増えたオットの白髪が減りますように。

私も肌荒れしませんように。

 

なんだかんだ女性は家族の要なので、女性が笑顔でいられたら、家族が良くなって世の中も明るくなるのではないかと。

 

そんな、あははスイッチを入れる事の一つに、evergreenでのトリートメントもあればいいなと願います。

 

バランス感覚

長年お世話になっている美容師さんからのご紹介で、今年に入ってから骨格矯正に通っています。

きちんとレントゲンを撮ってから治療するスタイル。

私は腰の歪みがよろしくないとの事で、月に2回のペースで調整してもらっています。

 

大阪にあるクリニックまで通うのは大変だけど、腰はセラピストの命。

廃業に追い込まれる羽目になる前に、きちんとメンテナンスが必要です。

 

鍼灸師さんでもある先生は、骨格矯正だけでなく、鍼もありマッサージもありのトータル治療をしてくださるのですが、

いつも、鎖骨の下を脇の方から身体の中心に向かって流してくれるのが気になっていました。

だってエステの施術では、「リンパを腋窩(脇の下)リンパ節に流し込みましょう」と言って、逆方向の中心から脇へ向かって流すのです。

 

もしかして、ずっとやってたこのトリートメントって間違ってる!?

いやいや、先生は胸腺に向かって流し込むのが目的なのかも!?

 

有資格者に突っ込んだ質問をするのは気がひけるけれど、悶々とした疑問がピークに達したある日、勇気を振り絞ってお尋ねしてみました。

すると、「何でかな~?」というまさかの返答・・・。

 

先生が信頼されている師匠がいつもそうされているから、という理由でした。

拍子抜けしている私に、「施術は身体との反応で効果が出る訳だから、効くと思ってやってたら、案外効くもんやから。」

と重ねて言われました。

 

どんなトリートメントも理由付けを重要視して、理論に傾きがちな私。

私に必要なメッセージをもらったように思います。

 

骨格はもちろん、何事にもバランスが必要ですね。

 

予防接種以外にできること

インフルエンザが流行り始めましたね。

少数派かもしれませんが、私は予防接種しない主義なので、その代わりムスコには免疫対策をしっかり施します。

 

・冬期の毎朝晩のマヌカハニー。

冷蔵庫には、どーんと2キロのマヌカハニーをストック。

1シーズンで消費してしまいます。

 

・流行期にはエキナセアとエルダーのシロップ。

このシロップ、甘いので子供は喜んで飲みますよ。

サンブガード

・就寝中の加湿と、ユーカリを焚くこと。

ユーカリは刺激が強いので幼児にはNGと言われますが、数あるユーカリの中でも比較的マイルドなグロブルス種を2歳頃から使っていて、マグカップの熱湯に3滴ほど垂らす分には、ムスコの場合は特に問題がなさそうです。

 

・発酵食品による腸活

日本人なので、ヨーグルトよりもお味噌汁と納豆を欠かさないように。

 

・今年から始めた鼻うがい。

説明書には4歳からと書いてありますが、鼻に何かを突っ込まれ慣れているムスコは、専用の器具で上手にやってくれます。

ナサリン 子供用

 

3歳になってようやく免疫力がついて来たのか、今年は今のところ風邪も引かずに超快調!

昨年まで負担が大きかった毎朝の耳鼻科通いも服薬もしなくて済んでいるので、私の体力的、精神的にもとっても楽です。

 

一方で私も、インフルエンザに罹った事がありません。

昨年インフルエンザを発症した息子と一緒に寝ていても、もらったのは別室で寝ていて予防接種も受けていたオットだけだったという逸話もあり。

 

個人商店を営んでいる以上、仕事は休めないので体調管理をしっかりやってるおかげだと思って来ましたが、意外なところで別の要因が発覚することに。

 

長くなりそうなので、この話はまた改めて。

 

2 / 212