バイオラブ バランシングラインとマスクパットネトワイヤン

目指せ!ナチュラルビューティー

ゴボウの花はアザミに似ていた

キク科アレルギーがあるとおっしゃるお客様のために、バイオラブに配合されているキク科のハーブを調べることに。

 

たくさん有ります。

・エキナセア

・ヤロウ

・カレンデュラ

・ローマンカモミール

・ジャーマンカモミール

ここまでは、ハーブの勉強をした事がある人ならわかるレベル。

 

ちょっと守備範囲外だったのが、エーデルワイス。

日本には自生していないし、ハーブとして使用するのは稀。

 

と言い訳しておいて、ものすごく身近なのに完全に頭になかったのが、ゴボウでした。

(写真はゴボウの花です。)

 

ゴボウってキク科だったっけ!?

と半信半疑になりかけて、あぁこの苦みはキク科らしいなぁと、遅ればせながら納得。

 

キク科ハーブって、苦味質をもつものが多いのです。

カモミールやカレンデュラしかり、その他にもアーティチョークやダンディライオンしかり。

ハーブティーとして飲むと、ちょっと「ウェッ」となるのですが、この苦みが唾液を分泌させ、消化器を刺激して動きを活発にしてくれると言われています。

つまりはデトックスハーブと言い換えることができるかも。

 

春を迎えるこれからの季節、冬の間に溜め込みモードになっていた身体から、老廃物をデトックスしていく時です。

苦みを敬遠せずに、春の初めに積極的にトライしてみると良さそう。

 

ちなみに、バイオラブのアイテムの中でゴボウが配合されているのは、皮脂バランスを整えるラインや、毛穴浄化のための泥マスク。

皮脂分泌の多いお肌は、脂のベタつきに汚れが付着しやすく汚れがち。

ゴボウのデトックスパワーが発揮される処方となっていますね。

 

春先はただでさえ寒さと暖かさが行ったり来たりですが、ここ数年その振れ幅がおかしいぐらい大きくなっています。

そんな時は、お肌のセンサーや調節機能も狂っちゃうので、突然の皮脂分泌過剰に見舞われることも。

夏に活躍するイメージのゴボウアイテムですが、春先の突然のTゾーンのベタつきなどにも活躍してくれますよ。

夏こそバランシングライン!

サロンで使用しているバイオラブ化粧品には、肌別に3つのラインがあります。

 

オールスキンタイプ:特に大きなトラブルはないれど女性の永遠のテーマであるエイジングケア&美白が気になるお肌に。

センシティブスキンタイプ:バリア機能が未熟で、炎症による赤みや痒みが起こりやすいお肌に。

オイリースキンタイプ:乾燥してるけどTゾーンだけテカるといった、大人オイリー肌に。

 

私は、その時々に応じて3つのラインを使い分けているのですが、一年を通して毎日必ず使うのが、オイリーラインのクレンジングと化粧水。

アトピーベースなので基本は乾燥肌なのだけれど、うまれもった肌質として人より皮脂腺が多く鼻だけテカテカ、という悩みもあわせ持っています。

そんな訳で。鼻だけは一年中、皮脂をコントロールして毛穴をキュッと締めてくれるオイリーラインを愛用。

 

オーガニックビューティーライフを実践されているメイクアップアーティストの早坂香須子さんも、

「信頼しているエステで使われているクレンジング。朝の洗顔をこのクレンジングで行うと、毛穴が引き締まって肌が整い、メークのノリやモチもUP!」と雑誌でご紹介くださっている程の名品。

 

ところが、バイオラブのご愛用者層は30代以降の大人女性。

オイリーラインと名付けられてしまったばかりに、「私、オイリーじゃないわよ。」と敬遠されてしまうのです。

 

オイリー=10~20代の皮脂分泌旺盛なイメージがあるのは確か。

そこで、名前で損するのは勿体ないと、この度「バランシングライン」と改名されました。

油分だけでなく水分とのバランスが乱れたお肌のコンディションを整えてくれるという意味。

 

このバランシングライン。

私の様に一年中鼻がテカったりしなくても、夏の間は超オススメ!なのです。

*朝のスキンケアに使えば、メイクののりやもちがUP!

*毛穴を引き締めてテカり予防!

*うだる様な暑さに爽やかな香りでクールダウン&リフレッシュ!

*強い紫外線リスクに対する抗酸化力は、3つのラインの中でNo.1!

 

裏技的にバランシングラインの化粧水には、こんな使い方もありますよ。

・夏の間は冷蔵庫に入れてクール感を倍増!

・臭いのもとになる悪玉菌を抑制するショ等由来の成分も配合されているので、コットンに含ませて脇汗を拭き取る!

 

サロンでのお手入れも、夏の間は基本的にバランシングラインです。

レモン調の香りもお楽しみいただき、高温多湿な日本の夏に備えるべく、ホームケアの夏バージョンへの切替も、是非ご検討くださいね。

秋の抜け毛の原因は

ついに梅雨入りしましたね。

東洋医学的な観点で見ると、湿気による不調(=湿邪)が起こりやすい季節です。

「重い」「粘りけがある」「停滞する」という湿邪のもつ特徴から、身体はむくんでだるく、気分も重くなりがち。

肌の分泌物も汚れたものになりますので、毛穴がふさがれて、中にこもった様な吹き出物も出やすくなります。

 

今月のフィトフェイシャル「ハーブとクレイのスッキリ浄化トリートメント」では、どんよりとした湿邪を払拭してくれるような、爽やかな香りが終始トリートメントルームを満たします。

前回のブログでもご紹介した通り、セージ・ローズマリー・タイムなどのハーブの他、レモン・サイプレス・ティートリーといった精油たちの織りなす香り。

ベタつくお肌だけでなく、滅入りがちな気分も爽快に!

 

今日は、これらの浄化系ハーブの力をいかした頭皮のスキンケア用品をご紹介します。

今年の春にバイオラブから新発売になった「セラムキュイールシュヴリュー」

約2ヶ月半分で5,000円+tax

頭皮って、髪の毛で守られているかと思いきや、顔の3倍の紫外線を浴び、皮脂の分泌量は顔のTゾーンの2倍もあるのだとか。

言い換えると、ただでさえ酸化しやすい皮脂がたっぷりあるところに、酸化のアクセルを踏む紫外線をたっぷり浴びているのが頭皮。

酸化による老化ダメージのリスクは、私たちが必死で気にしている顔よりも、ずっと高いという事。

 

夏の間に冷たいものを摂り過ぎると、秋になって髪の毛が抜けると聞いた事がありますが、秋の抜け毛の原因は、夏の皮脂&紫外線にもありそうですね。

 

さらに梅雨時は、皮脂の出口である毛穴が湿邪でふさがれがちなので、頭皮環境はますます過酷な状態に・・・

そんな、泣きたくなるような頭皮を清浄に整えて、健やかな髪の毛の土台作りをしてくれる美容液が、このシュヴリュー。

私は40代になっても相変わらず剛毛が悩みにも関わらず、頭皮のスッキリ感が病みつきになってしまい、お風呂上がりにドライヤー前のシュヴリューが習慣になりました。

 

「ハーブとクレイのスッキリ浄化トリートメント」にも、+1,000円のオプションでシュヴリューヘッドマッサージをつけて頂く事ができます。

トリートメント終盤のクールマスク中に、頭皮にまで冷んやりしたシュヴリューが塗られるだけで、ますます気分爽快!

とってもオススメです!!

1 / 712345...最後 »