秋にするべきは酸化ダメージ回復と代謝アップ

目指せ!ナチュラルビューティー

秋に意味あるプラスワンケア

ぐっと秋らしくなってきましたね。

今朝の神戸の気温は18℃でした。

18℃って、スキンケアを春夏バージョンから秋冬バージョンへと切り替える、一つの目安になります。

そろそろ、乳液をクリームに替えたり、プラスワンのケアを投入してみる事で、季節の変わり目にもお肌の調子を崩すことなく過ごすことができます。

 

乳液をクリームに替えるのは、保湿力をあげるため。

これは秋冬を通して当たり前のこと。

 

今、お肌のためにわざわざ一品投入するなら、秋ならではの肌状態を意識したアイテムを選んでこそ意味があります。

つまりは、夏の紫外線で固くこわばってしまった肌細胞と、秋の気温&湿度低下に対して工夫されたアイテムを。

evergreenのサロンでは、バイオラブのグランコレクションをおすすめしています。

まさに「今」というタイミングで使うための、炭酸ムースと美容オイルのセット。

 

炭酸ムースは、紫外線から守るためにこわばってしまったお肌をハーブが柔らかくほぐし、寒さで低下した血流を高濃度炭酸がまるでサロンでマッサージを受けたかのように促進してくれます。

 

美容オイルは、超強力な抗酸化成分アスタキサンチン&細胞膜の原料となる必須脂肪酸が豊富なボラージオイルが、紫外線による酸化で硬化してしまった肌細胞を、しなやかに回復させてくれます。

ローズ・ネロリ・フランキンセンスなどの贅沢エッセンシャルオイルの優雅な香りも、秋にぴったり。

 

炭酸ムースの使用量はマスカット一粒分。

毎年大粒のシャインマスカットを贈ってくださるお客様のおかげで、私の使用量は多め?

美容オイルは、お肌に馴染ませるだけなら3振り、ゆったりマッサージする時間がある日は12振りが目安です。

 

週に2~3日のスペシャルケアとして、今このタイミングで、是非。

眠るたび、美しさ目覚める。

秋の夜長の睡眠提案。

 

よい眠りに導いてくれるもの色々。

布団・パジャマ・音楽・香り・照明・栄養・・・

そしてホルモンの力を借りること。

 

睡眠リズムを整えてくれる”メラトニン”

これは暗くなると分泌されるホルモンなので、夜は照明を落として。

特にスマホのブルーライトは厳禁です!

 

朝の光を浴びると分泌されて、夜になるとメラトニンに変換される”セロトニン”

いわば、メラトニンの原料。

この”セロトニン”の分泌を増やすことも、よい睡眠につながりそうです。

そのために必要なことも多々ありますが、セラピストとして興味深いのは次の二つ。

 

*リズム運動

歩く・噛むなど、一定のリズムで繰り返す運動をすると、セロトニンの分泌が増えるのだそうです。

「ねむり姫トリートメント」は、同じ手の動きを、同じリズムで何度も繰り返すのが特徴的なマッサージ。

セロトニン分泌に一役買ってくれるのではないでしょうか。

 

*幸福感を感じる

「幸せホルモン」の別名をもつセロトニン。

「幸せホルモングループ」とでも呼びたくなる仲間のホルモン達を増やすのも良さそうです。

例えば、女性ホルモンやβエンドルフィン。

 

今年の「グランコレクション」は、女性ホルモンにしっかりアプローチする処方にリニューアル!

新配合のチェストベリーには、βエンドルフィンに似たはたらきをもつ成分も!

「グランコレクション」を取り入れたスキンケアをしてからベッドに入るだけで、

ローズやネロリの幸福の香りに包まれながら、いつもより質のよい睡眠が期待できますよ。

 

 

「ユイルドゥソワンプルミエール グランコレクション」

美容オイル30mlと炭酸ムース美容液60gのセット。

13,200円(税込)

ご予約優先のため、残りわずかです。

 

睡眠は脳を休ませるための時間。

身体の健康も、肌の美しさも。

コントロールしているのはすべて脳です。

一時的な睡眠不足は「疲れ」として取り戻せますが、時間の不足と質の悪い睡眠が続けば・・・

それは「老化」となり、元には戻せません。

 

まさに、グランコレクションのキャッチコピー「眠るたび、美しさ目覚める。」です。

進化し続けるグランコレクション

バイオラブの秋冬の永遠のベストセラー「グランコレクション」の発表会に行って来ました。

 

そもそも11年前に、一回限りの記念品のつもりで作った美容オイルがあまりに評判が良く、コフレとして構成を少しずつ変えながら、成分も少しずつグレードアップしながら、ずっと不動の人気を誇ってきました。

 

そして2019年。

人気におごる事なく、またまた進化を遂げたグランコレクション!

 

今年は、是非オイルと合わせて使って欲しい、炭酸ムースがリニューアル。

新たにチェストベリーとクラリセージが配合されました。

 

植物療法をかじった事のある人なら、この2つのハーブの名前を聞いて、リニューアルの意図がすぐにわかりますね。

そうです、女性ホルモンバランスの安定です。

 

昨年のオイルのリニューアルでは、同じく女性ホルモン様作用のあるフェンネルが新配合されました。

グランコレクションというコフレは、2年がかりで女性ホルモンの安定というゴールにたどり着いた訳です。

 

更年期世代だけでなく、この頃は若くても女性ホルモンのバランスを崩す方が増えてきました。

今日お会いしていたセラピストさんも、まだ30歳過ぎなのにピルが手放せないと仰っていました。

副作用で髪のボリュームが減ってしまったとも。

 

お肌に有効とされる成分は、ナチュラル・ケミカル問わずたくさんあります。

それらの成分をいくら化粧品に注ぎ込んでも、それを使う女性のホルモンバランスが崩れていたら、お肌はキレイにならないのです。

だからバイオラブは、お肌表面だけでなく内面のサポートも。

 

そんな事ができるのは植物療法ならでは。

11年目のグランコレクションは、植物療法の集大成と言えるかもしれません。

 

女性ホルモンは、お肌や髪といった女性ならではの美しさを司っていますから、それが安定するという事は、見た目の美に直結します。

それだけでなく、女性のライフスタイルを大きく改善し、内側からの美しさにつながる嬉しい効果も!

次回は、そのことも書いてみようと思います。

1 / 912345...最後 »