ナチュラグラッセ スキントリートメントファンデーション

目指せ!ナチュラルビューティー

”塗る フェイスマスクファンデ”!?

ようやく梅雨が明けてこれから夏本番ですが、サロンではそろそろ秋じたく。

100%天然素材のメイクブランド「ナチュラグラッセ」から発売される秋の新商品発表会があり、メイクにうるさいスタッフがリサーチに行ってきてくれました。

以下、スタッフからのレポートです!

 

灼熱の正午、とてもじゃないけど秋モードになれないわ・・と思いながらの会場入り。

でも、今回はいい意味で期待を裏切られました。

 

新商品は全部で5点。

 なかでも、リニューアルしたリキッドファンデは、別名が ”塗るフェイスマスクファンデ”!!

 

確かに、今 トリートメントファンデはトレンドですよね。

各メーカーがこぞって秋商品のラインに入れてきています。

従来のファンデーション成分にスキンケア成分も入れているので、つけているだけで美肌に導かれるというのは、まさに時短。

忙しい世の中のニーズにあっているのでしょう。

でも、スキンケア成分も入っているけど、もれなくケミカル成分も入っているのが一般的。

 

それに対してナチュラグラッセのトリートメントファンデは 、まずはスキンケア成分ありき。

このスキンケア成分をベースに、天然のミネラルで色づけしてファンデーション効果をもたせているという、正真正銘の100パーセント天然由来。

何よりもココに違いがあります。

 

でも、ナチュラルなものって、やっぱり使用感はいまいちなんじゃないの?
はい。これもよく聞くお声であり、私もとても気になるところ。

 

会場では、newファンデに使われているスキンケア成分たっぷりのベースに、実際に触れてみました。

これが!

3種類のオイルがメインとは思えないほど、軽やかなすべすべ感と、水分保持力の高さから感じられるしっとり感に驚き!!

すっーと 肌に入り込む感じで、ジェルの心地よさに近い。

オイルだと重いかも?という懸念も払拭されます。

 

というわけで、この暑さで、外側がベタベタ内側カラカラのインナードライスキンにもぴったり。

乾燥肌に良いのは言うまでもありません。 

 

今回、商品完成にあたって効果の検証を外部に委託したそうです。

結果はなんと、メイクしてから3時間後の方が、つけたてより水分量がアップしていたとか!

 

私は、夕方になると目元のシワにファンデが入り込んだり、皮脂でよれたりするのが悩み。

発表会会場で15時にメイクして、7時間後にオフする直前の写真がこちら。

 

肌に密着、崩れず、うるおいキープは本当でした。

変な被膜感はなく、バイオラブのミルククレンジングでちゃんと落とせたし、クレンジング後のお肌も通常よりもっちりで、翌日もいい感じ。

 

その他の新商品、アイカラーとリキッドルージュも一気に秋モードだったのですが、まずは一番衝撃だった「スキントリートメントファンデーション」をお伝えしたくて。

店頭発売は8月20日(火)。

早く、お試しいただきたいです。

メイクでUV~パウダー編~

普段のベースメイクには、ヌウを愛用している私。

バイオラブやナチュラグラッセのベースも良いけれど、テクスチャーの心地よさはヌウに軍配があがります。

切実な問題として、ナチュラルだけでは危険な年頃になり、くすみ飛ばしのピンクも少し、必要だったりもするもので・・・。

 

ただ、パウダーだけは、夏はナチュラグラッセの「UVパウダーコンパクト」にバトンタッチ。

ヌウのパウダーは、キメの細かさで肌の内側から透けるような仕上がりを重視しているので、あえてUVカットのための粉体を入れていません。

そのエアリーなつけ心地がまた気持ち良いのだけど、仕事の日は自転車通勤、休みになれば山に登っている私にとって、ノンUVカットは夏にはちょっと不安なのです。

 

夏に向けての限定品「UVパウダーコンパクト」は、SPF50 PA++++。

これは、国内のUVカット基準の最高値!

これを、紫外線吸収剤なしのノンケミカルで実現しているのはスゴイこと。

 

ヌウのパウダーと比べてしまうとどうしても粉っぽさを感じますが、粉体をなめらかにするためにアロエバターでコーティングするというひと手間が加えられているので、付属のパフではなくブラシで払うようにつければ、ヌウに劣らない質感に。

 

さて、パウダーに限らず、UVカットアイテムを活かすための絶対条件は、塗り直すこと。

朝のお出かけ前に一度つけたら終わり、ではありません。

お昼休みとか、西日の強い中を帰宅する前とか。

必ず塗り直すことで、値どおりのUVカット効果が得られます。

 

UV下地クリームとか、UVつきのファンデーションをイチから塗り直すとなると、現実的にキビシイ。

最後に使うパウダーがUVつきなら、ティッシュやあぶらとり紙で少し皮脂を押さえて、もう一度パウダーをのせるだけなので塗り直しも簡単☆

(丁寧にできる時間があれば、乳液を含ませたコットンでTゾーンだけでもオフして、下地を塗り直した後にパウダーを重ねれば、より綺麗です)

 

evergreenでは、「UVパウダーコンパクト」をお求めのお客様に、美濃和紙でできたあぶらとり紙をプレゼント中です!

UVパウダー・あぶらとり紙ともに数量限定なので、なくなり次第終了ですが、この機会に是非お試しくださいね。

 

余談ですが、このパウダー、コンパクトもとってもカワイイのです。

(外箱のイラストと同じ)

ヌウのパウダーレフィルと同じサイズなので、冬になってまたヌウのパウダーに戻す時に、コンパクトだけ再利用するのもアリかも。

メイクでUV~リップ編~

桜が散って、降り注ぐ紫外線量が一気に高まってきました。

気象庁の紫外線情報でも、神戸には「強い」との表示が出ていて、「出来るだけ長袖シャツ・日焼け止め・帽子を利用しよう」と推奨されています。

 

このコラムを読んでくださっている方は、この日差しの中をUVクリームや帽子・日傘ナシで出て行く事はまずないと思いますが、さて、唇にもUVクリームは塗られているでしょうか?

答えはきっとNOですよね。

 

唇って、薄くて皮脂を分泌する機能がないから乾燥しやすくて、本来なら真っ先に紫外線から守ってあげるべきデリケートなパーツ。

2泊3日でアルプスの山にでも登ろうものなら、そんなに日焼けしてなくても唇は必ずガサガサなので。

唇の保護力の弱さはひしひしと実感できる私。

 

ところが肌用のUVクリームは、紫外線を散乱させるための粉体とか、テカリ防止のために皮脂を吸収させるための粉体などが入っている事が多くて、乾燥しがちな唇に塗るとパサパサしちゃう。

少し前に、ナチュラグラッセから下地用のUVリップクリームが販売されていましたが、粉のせいなのか塗ると白っぽくなっちゃって、正直あまり人気がありませんでした。

 

少しだけ時が経ち、製造技術の進歩ってすごいもので、この春に限定で発売された「リップ&チークUV」は、UV効果がある(=粉体が多め)とは思えないほどの、ツヤ感となめらかさに驚きました!!

オリーブ・ホホバ・サジーなど、植物オイルベースゆえのしっとり感なのか。

とにかく、コレなら使える ♪

 

デリケートな唇を強い紫外線から守ってくれるSPF17 PA++のUVカット力に加えて、内側からの血色感がにじむような、使いやすい3色がラインナップ。

ひと指し指でとって、簡単にトントンとなじませてください。

お出かけ先での塗り直しに便利なミラーもついてますよ。

 

唇だって、紫外線で老化します。

来店されるお客様の中で、しわ・しみ・たるみに隠れ、よくお聞きするお悩みは唇の皮剥けや色素沈着だったりもします。

たてじわが多くて口紅がのらないと、お疲れ印象に ↓

プルンとした艶やかな口元のために、夏にむけて唇にもUVをお忘れなく。

1 / 41234