naturaglace

目指せ!ナチュラルビューティー

落ちにくいメイクは、落としにくいメイク。

evergreenのサロントリートメントは、”植物の力”と”手のひらから伝わる技術”でお肌を整えていきます。

その上にケミカルメイクでは勿体ないので、「ナチュラグラッセ」という100%自然由来素材でつくられたメイクをオススメしているのですが。

 

「ナチュラルメイクってすぐ落ちるイメージだけど大丈夫ですか?」という、率直なご質問をいただきました。

 

答えは、「はい、落ちやすいです。」

 

メイクアイテムの製造技術に詳しい訳ではないながらも、私が知る限りでは、メイクを落ちにくくする方法は、肌の上に膜をつくること。

メイクが崩れるのは、水(汗や涙)か油(皮脂)が原因なので、それをはじく膜を作ってしまえば良い訳で。

具体的には、油膜かシリコン膜?

 

(最近は、落ちないように染料で染めちゃう!という強行策もある様ですが、evergreenの目指すものからはかけ離れすぎてます・・・)

 

油膜について

肌に過剰な油分がのっかっていると、逆に素肌は乾燥してきます。

本来もっている皮脂分泌力が低下してしまったり、界面活性力の強いクレンジングが必要だったりするので。

 

シリコン膜

シリコンには危険論と安全論とがありますね。

少なくとも、水も油もはじくという事は、植物油をベースにしたevergreenで使用しているクレンジングでは落ちないのは確か。

水性の汚れは水で、油汚れは油で落とすとの同じで、シリコンはシリコンそのもので落とす必要がある。

クレンジングの中にシリコンを溶かす成分は、刺激があるものが多い様です。

となれば、やっぱり行き着く先は乾燥とか肌荒れ。

 

”落ちにくさ”と”乾燥肌”を天秤にかけて、どちらを選ぶのか?

決めるのはそれぞれです。

 

お肌の再生力が高いうちは、肌への負担よりも落ちにくくて便利な方を選ぶのもわかる。

けれど、40を過ぎた私にとって、乾燥は老化への入口なので避けなければ!なのです。

 

キレイな素肌は財産だから、できれば若いうちから、10年・20年後とかのお肌を予想してみて欲しい。

私にも、「40歳の自分なんて想像できない!」なんて思っている時代があったのだけど。

30代後半から、「あの時こうしておけば良かった!」と反省しても時すでに遅しな事は、珍しい事ではないから。

 

結論。

落ちにくいメイクは、当然落とす時に大変で、お肌に負担がかかってしまう。

ナチュラグラッセは落ちやすいけど、evergreenでは素肌のためにおすすめしています。

 

補足ですが、ナチュラグラッセは、「自然」だけを振りかざすのではなく、シリコンを使えないという制限の中で、いかに「機能面」も高めるかという事に挑戦して開発されています。

植物由来の中にも、膜を形成したり、ワックス状で落ちにくい成分もあるので。

そういった成分を駆使してくれている、これからも楽しみなメイクブランドです。

evergreen的マスクライフ ベースメイク編

今回もマスクとメイクの関係について。

前回に続き、スタッフが在宅ワークの強みをいかし、あれこれトライしてみた渾身の結果をレポートしてくれました。

 

前回、マスクをつけていても在宅ワーク中でも、オンとオフの切替のためにメイクをすることをおすすめしました。

実際は、大手化粧品メーカーの調査によると、在宅ワーク中はメイクをしない&軽めという女性が6割以上。

理由の半数は「人に会わないから」「面倒」・・・

けれど、オンとオフというのは交感神経と副交感神経の切り替えであり、どちらに偏りすぎても心身のバランスを崩してしまいます。

コロナウイルスのせいとは言え、ノーメイクでゆるゆると過ごしてばかりなのはNG!

 

そして、マスクライフの落とし穴?

メイクしてないと、突然かかってくるビデオ通話にも困ってしまいます。

テレビ会議に参加される方も多いと思うので、在宅ワーク中のベースメイクについて調べてみました。

 

ポイントは、肌をやすませつつ、血色感を大切に。

 

カメラには自動補正機能や美肌モードなどがあるので、普段通りのメイクだと鏡で見るとちょうど良くても、インカメラにしてみると too much!!!

映し出された自分の顔にギョッとすることがしばしば。

 

ここでお役立ちなのが、ナチュラグラッセヌウの ”メイクアップベース”。

肌を柔らかく明るい印象に見せるピンクと、くすみを目立たなくするオレンジの配合が絶妙で、まさにちょうど良い血色感!

 

ツヤを演出する細かいパールも配合されていて。

どの角度から光が当たってもひたすら自然に見せる事にこだわっているので、カメラを最大限美肌モードにしてみても、存在感が大きくなり過ぎる危険はありませんでした。

 

カメラ越しの相手に見えるのはお顔の正面アングルがほとんどなので、肌が明るく見える薄づきベースをお顔の中心に乗せたら、フェイスラインは控えめに。

目の下の三角ゾーン・鼻筋・あご先などの中心のみに、部分使いのコンシーラーなどがおすすめ。

 

同じヌウのシリーズで、もともと三角ゾーン専用のリキッドファンデ ”アトラクトファンデーション” もいいですよ。

スティックタイプで、内蔵されている筆がさっと使いやすいところも魅力。

 

ヌウはすべて天然素材で美容成分たっぷりなので、肌を休ませるというポイントもしっかり押さえています。

 

次回は、自然な明るさのベースにちょうどよく映える、プラスワンアイテムについてレポートしたいと思います!

 

evergreen的マスクライフ アイブロウ編

今や、私たちの毎日のパートナーとなったマスク。

感染防止に一役買ってくれるのは承知しているけれど、女性目線であえて言わせてもらうと、デメリットも。

こうなったからには、マスクとも上手に楽しく付き合っていく方法を模索していきたいと思います。

 

今日は、先週から在宅ワークに切り替えてもらっているスタッフからのレポートです。

 

自粛制限前に伺った美容室での一コマ。

「マスクに合わせてメイク変えたの! 」とおっしゃるスタイリストさん。

アイメイクをしっかりする事にしたのだそう。

だって、そこしかメイクするところないですもんね・・・美意識高い!

 

マスクをつけて、まずはアイブロウを描いてみました。

そんなに違うかなぁと思いつつ片側だけ。

結果、アイブロウありとなしでは、あきらかにきちんと感が違う。

 

使用したのは、ナチュラグラッセのアイブロウパウダー。

こちらに付属のWブラシがとてもいいんです。

片側は、計算された独自の角度で、眉尻をスッとかけるシャープなブラシ。

反対側は粉含みが良くて、眉頭や気になる部分をふんわり埋められるぼかし用のブラシ。

 

まずは細い方のブラシに濃い色のパウダーをとれば、一度でキレイにラインをなぞれます。

次に反対側のブラシに薄い色のパウダーをとって眉頭をぼかすと、きれいな立体眉が簡単に完成!

 

パウダーでぼかすより、1本1本描き足すように自然に仕上げたい方はアイブロウペンシルもおすすめ。

このペンシルは、自然素材ならではの柔らかい描き心地で肌ストレスがゼロ。

自然素材だと、太くて1本1本描くのは難しいというのがありがちだけど、こちらは繰り出し式なので、シャープナーで削り立ての感じが最後まで続きます。

 

やっぱりメイクすると気持ちがきちんとする。

在宅ワーク中でも、マスクをしてても、メイクが手抜きになりすぎないようにしたいと思います。