目指せ!ナチュラルビューティー

目指せ!ナチュラルビューティー

落ちにくいメイクは、落としにくいメイク。

evergreenのサロントリートメントは、”植物の力”と”手のひらから伝わる技術”でお肌を整えていきます。

その上にケミカルメイクでは勿体ないので、「ナチュラグラッセ」という100%自然由来素材でつくられたメイクをオススメしているのですが。

 

「ナチュラルメイクってすぐ落ちるイメージだけど大丈夫ですか?」という、率直なご質問をいただきました。

 

答えは、「はい、落ちやすいです。」

 

メイクアイテムの製造技術に詳しい訳ではないながらも、私が知る限りでは、メイクを落ちにくくする方法は、肌の上に膜をつくること。

メイクが崩れるのは、水(汗や涙)か油(皮脂)が原因なので、それをはじく膜を作ってしまえば良い訳で。

具体的には、油膜かシリコン膜?

 

(最近は、落ちないように染料で染めちゃう!という強行策もある様ですが、evergreenの目指すものからはかけ離れすぎてます・・・)

 

油膜について

肌に過剰な油分がのっかっていると、逆に素肌は乾燥してきます。

本来もっている皮脂分泌力が低下してしまったり、界面活性力の強いクレンジングが必要だったりするので。

 

シリコン膜

シリコンには危険論と安全論とがありますね。

少なくとも、水も油もはじくという事は、植物油をベースにしたevergreenで使用しているクレンジングでは落ちないのは確か。

水性の汚れは水で、油汚れは油で落とすとの同じで、シリコンはシリコンそのもので落とす必要がある。

クレンジングの中にシリコンを溶かす成分は、刺激があるものが多い様です。

となれば、やっぱり行き着く先は乾燥とか肌荒れ。

 

”落ちにくさ”と”乾燥肌”を天秤にかけて、どちらを選ぶのか?

決めるのはそれぞれです。

 

お肌の再生力が高いうちは、肌への負担よりも落ちにくくて便利な方を選ぶのもわかる。

けれど、40を過ぎた私にとって、乾燥は老化への入口なので避けなければ!なのです。

 

キレイな素肌は財産だから、できれば若いうちから、10年・20年後とかのお肌を予想してみて欲しい。

私にも、「40歳の自分なんて想像できない!」なんて思っている時代があったのだけど。

30代後半から、「あの時こうしておけば良かった!」と反省しても時すでに遅しな事は、珍しい事ではないから。

 

結論。

落ちにくいメイクは、当然落とす時に大変で、お肌に負担がかかってしまう。

ナチュラグラッセは落ちやすいけど、evergreenでは素肌のためにおすすめしています。

 

補足ですが、ナチュラグラッセは、「自然」だけを振りかざすのではなく、シリコンを使えないという制限の中で、いかに「機能面」も高めるかという事に挑戦して開発されています。

植物由来の中にも、膜を形成したり、ワックス状で落ちにくい成分もあるので。

そういった成分を駆使してくれている、これからも楽しみなメイクブランドです。

新しい隣人

春。

皆様にご来店いただけなかった間に、サロン横に保育園ができました。

閉店したコンビニの居抜き物件で工事が始まり、何ができるのかと思っていたら!

 

という訳で、新しい隣人は0歳~2歳の小さな人たちです。

きっとみんな6月から登園をやり直しなので。

主に午前中の間は、換気をしていると大きな泣き声が聞こえてくることもしばしば。

 

きっと来月には保育園にも慣れて落ち着いてくると思います。

しばしのご寛容をお願いいたします。

トリートメント中は、窓は閉めておきますね。

 

インナーマスクの作り方

最近、ハーブやアロマよりも、マスクのインナーとしてのオーガニックコットンティッシュの普及に力を入れているのではないかと思う私ですが。

これからの季節、呼気だけでなく汗とよれたメイクで、ますますマスク内の環境が悪化するのは必至!

少しでもマスク内を清潔に保ってお肌を守るために、やっぱりオススメしたい一品なのです。

 

先日、ポリプロピレンでできたインナーが100枚で1,000円以上で売られているのを見かけました。

こちらはオーガニックコットン製で200枚入り900円(+税)

マスク市場の相場は不透明になっていますが、その中ではかなり良心的価格と思われます。

 

さて、このコットンティッシュ。

メーカーのサイトを見ると、「半分に折り畳んでマスクの中に入れると、マスクのインナーシートになります。」と書いています。

ノンノン。

これではすぐにマスクの中でずれてしまって、汚れがマスクに直接ついてしまいます。

少しの手間で、ずれずに快適に使える方法をご紹介しますね。

 

①横幅が少し長いので、マスクから両端が少しはみ出るぐらいでカット。

②横半分に折って、”わ”の方から両端に切り込みを入れる。

③切り込みの間から、耳ヒモを通す。

④装着

端っこにコットンティッシュが少しはみ出ます。

わかりやすい様にブルーのマスクを使っているのでやや目立ちますが、白のマスクだともっと気にならない感じ。

気になる方は、マスク内に押し込んで隠すこともできますよ。

 

マスクにファンデーションがついて茶色くなっているのはゲンナリするから。

汚れたと思ったら、中のティッシュだけ何度でも取り替えて。

 

なんとか、マスク着用の夏を乗りきっていきたいと思います!